So-net無料ブログ作成
検索選択

久居の妙華寺 [高田の寺々]

二日続けての寺院紹介です。
妙華寺2016-1.jpg

三重県津市久居の妙華寺(みょうけじ)さまです。
こちらも報恩講であります。山門左手に妙華寺会館という建物があり、そちらでお非時(食事)を頂戴しました。

妙華寺2016-2.jpg

昔ながらの飛竜頭、ぬた、里芋の煮物、なます・・・そしてお味噌汁。このお味噌汁の味がなんとも甘い初めていただく風味。味噌と甘酒をブレンドしてかのような甘さ。体をほんのりと温めてくれます。
このお非時の支度に前日から大勢の人が働いてくださったとのこと、ありがたいことです。

妙華寺2016-3.jpg

その妙華寺会館に厨子に収まった一光三尊仏がいらっしゃいました。その由来を聞かぬまま帰ってきてしまいました。美しいお姿の仏様でした。

勤行に続いてお話をさせていただき、帰り際にご住職より、今日お参りに来てくださった中に90歳にもなる女性がいて、その方が私の「大河戸」という名前をお聞きになられて、昭和20年代に大河戸という説教師の話をここ妙華寺で聞いたことがあると仰られていたということです。
そうです、それは私の祖父・大河戸龍秀(りゅうしゅう)です。何日も泊りがけでお説教に回っていたと聞いております。祖父は私が生まれる前に死んでいますが、こうして祖父の足跡に思わぬところで出あうことがあるから不思議ですね。ありがたいご縁でした。

妙華寺HPです
http://myoke-ji.com/

浜松の光福寺 [高田の寺々]

光福寺201612-1.jpg

毎年報恩講に寄せていただいている光福寺さまです。
ご覧いただいている通り、本堂も山門もピカピカの新築です。
住職、お檀家さん一丸となって境内整備もいよいよ完成されました。

光福寺201612-2.jpg

本堂内部の写真はございませんが、その美しさとともに、設備面や収納など隅々まで細やかに配慮がなされ、今建てるとしたらこれ以上の内容はあり得ないと思えるほど充実していました。

沢山の参詣の方々と共に報恩講のご縁を嬉しくお勤めさせていただきました。

ほっこり [正太寺]

ひざ掛け.jpg

12月に入り、いよいよ寒さも本格的になってきます。
本堂でお参りしていても、ひんやりとするようになってきました。
ストーブの用意もありますが、天井の高い本堂ですのでぽかぽかというわけにはいきません。
そこでひざ掛けを用意しました。椅子でお参りされることが多いので膝に掛けていただくと足元からほっこりしていただけると思います。
(よそのお寺の真似ですけどね。坊守にはとても褒められました。女性の目線は貴重です)


山本一樹展・・・・あと一日 [豊橋・牛川]

山本一樹-6.jpg
山本一樹展  風の記憶 -金属造形-
2016.11月5日(土)-27日(日)
ギャラリーサンセリテ


会期末での紹介で申し訳ありません。氏の作風がとても好きなので印象を記しておきたいと思います。
作品は 鍛金(たんきん)といって、鉄や銅の板を叩いて丸みを作り出し、溶接をしてつなぎ合わせ、凝った塗装をして作品にしてゆかれます。(塗装というよりも女性のお化粧に近いかもしれません。それほどデリケートなものです。)

山本一樹―1.jpg
鋭角な脚をもった馬。その背中には大海原がひろがっていました。

山本一樹-9.jpg
「ボーーー」と霧笛の音が聞こえてきそうです。島には灯台が佇んでいます。海は穏やかです。

山本一樹―2.jpg
島からの景色。そう、反対に回ると景色が変わります。船員が手を振っているのが・・・見えませんね。


山本一樹-4.jpg
これは神社か神棚に見えてしまいます。なんでだろう。何ものかをここに祀ってあるように感じるのです。それは思い出なのか、夢なのか。

山本一樹-6.jpg
風景が旅をしています。初めて訪れた土地で「あれっ、前にもこの景色を見たことがあるような?」と思ったりすることがありませんか?(デジャヴ)なんて言うそうですが、実は景色の方があなたの先回りをしていたのかもしれません。

山本一樹-5.jpg

金属ならではの硬質な光沢。だがそこにあるのはブランコ。記号化されたモチーフなのか、これを見つめていると何故だか幼い頃を思い出す。泣いたことや、けんかしたこともあったのに、思い出すとそれらはみんな懐かしさに包まれてしまっている。もうそれ以上変わりようがないくらい、凝縮してキラキラしている。

山本一樹-7.jpg

こちらも夕陽に向かって家路に急ぐ少年の頃の1ページを連想させる。そう、風が吹いている。
ペダルを漕ぐ、汗でシャツがはりついて、首筋から風が入ると、すうっとして気持ちがよかった。

山本一樹-8.jpg

こちらは山本氏の道具類のほんの一部。どれもご自身で加工されたオリジナルの道具ばかり。
作品はこれらの鎚によって打ち出される。大変な音と共に生まれてくるわけだ。
それが完成すると、一切の音を吞み込んでしまったかのように静寂をまとっている。
不思議だ。

ギャラリーサンセリテの情報です。
〒440-0862 愛知県豊橋市向山大池町18-11 am11:00 - pm6:00 水曜休廊
Tel: 0532-53-5651 Fax: 0532-52-6608 E-mail: art@sincerite.info
アクセス: JR・名鉄豊橋駅から豊鉄バス(4番乗り場)で約10分。「台町」バス停下車、徒歩1分。




消しゴムはんこ教室at正太寺 [正太寺]

消しゴムはんこ教室2016567赤.jpg

正太寺で「消しゴムはんこ教室」を開催します。ご案内は勿論、私住職です。
日程は12月8日(木)・9日(金)・10日(土) いずれも午後2時~4時まで
三回とも内容は同じです。都合のよい日をお選びください。
各回定員8名。必ず予約をしてくださいね。

参加費は1,000円(材料費含む)
カッターナイフなど道具も全て用意しております。手ぶらでお越しください。


申し込み、お問合せは、メールshotaiji@gmail.com
または住職携帯090-8137-6011までお願いします。
しし舞302.jpg

年賀状間に合うと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。