So-net無料ブログ作成

綿引明浩展 ILLUSION [豊橋・牛川]

綿引明浩展1573.jpg

綿引明浩展 ILLUSION 透明な絵画 2016年12月1日~20日
ギャラリーサンセリテにて

ご覧のように鮮やかな色彩で摩訶不思議な世界が描かれています。16世紀北方ルネッサンスの画家ボッシュを思い起こさせますが、こちらはカラリと晴れ渡っています。

綿引明浩展3.jpg

とにかく会場に入るとまぶしいほどその色彩が目に飛び込んできます。それは鮮やかな絵の具が使われているということだけではありません。その技法にも特徴があるからです。

綿引明浩展2.jpg

こちらは等身大の人物のシルエット。これは透明なアクリル板が支持体となっていて、ガラス絵のように裏から描いてあります。裏から描くということは最初に載せた絵の具が絵の最表部となり、後から塗った色はその背面、背景となってゆくという通常の描き方と反対の順序で描いてゆきます。これは完成した姿がきちんとイメージできていないと描けません。
ガラス(綿引氏はアクリル板を使っている)に直接塗られた絵の具はペタリと張りつき、研ぎ澄まされた色彩を放ちます。

さらに綿引氏はそのアクリル板をいくつにも重ねることで作品に不思議な立体感を作り出しています。
今回の展覧会には三種類の作品が並んでいます。一つはいわゆる平面作品(版画やタブロー)
二つ目はその幾重にもアクリル板を重ねた作品。これも近景、中景、遠景という構成で出来ていますので3Dなる立体作品といってもよいでしょう。そして三つ目が机の上に垂直に立っている立体作品です。

綿引明浩展4.jpg

小さくてかわいいサイズながら強さとメッセージを秘めていると感じました。

綿引明浩展5.jpg

描かれている奇妙な生き物たちは氏の幼いころから湧き出てきていたキャラクターだそうです。どれも幸福そうな様子が観る者を優しくしてくれます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。