So-net無料ブログ作成
検索選択

みんなで高田本山 [日記、時候]

11月10日のことです。
豊橋仏教会・仏教奉賛会の日帰り旅行がありました。
三年ぶりの同会の旅行ということで、募集当初は集まりも芳しくなかったのですが、結果は41名で大型バスがほぼ満車という状況でした。
行き先は三重県は高田本山です。(私は先日の納骨堂法会の団参で出かけたばかりでしたが・・)
仏教会と奉賛会は色々な宗派の僧侶とその檀信徒で構成されています。私たち僧侶は自分の宗派の本山以外に足を運ぶことはあまりありません。そして真宗であったとしても大谷派や本願寺派の方にとっては高田本山は縁遠いところ。実際バスの中で高田本山に行くのが初めてという人に手を挙げてもらったところ、ほとんどの人が手を挙げられました。
仏教会旅行高田本山.jpg

本山で説明を聞いているところ。案内も優しく面白くと皆さん楽しそうでした。
そして今回は特別に一般案内にはない処へも入れていただき、皆さん満足していただけたようです。

本山で洒落たランチをいただき、バスは伊賀上野へ向かいます。
忍者屋敷と俳聖殿を見学して帰路に就きました。

他宗の方と共に本山をめぐるという経験はあまりありません。浄土宗の方が宝物館をご覧になったあと、親鸞聖人の和讃をとても素晴らしいと仰っていました。それは難しい仏教の教えを歌に詠みあげ、漢字にはふりがなをつけ、大切なところには言葉の意味を書き添えてある。これほど人々に教えを伝えようと工夫と実践をされた宗祖は他には見当たらないということでした。

私たち真宗の教えを聞いている者が気づかない大切なことを教えてくださり誠にありがたいことでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。