So-net無料ブログ作成

プリンス逝去 [新聞、書籍より]

ミュージシャン・プリンスが亡くなったと早朝のニュースで報じられた。
「あのプリンスが・・・」
そして
「まだ57歳だったのか・・・」
ふたつの思いが浮かんだ。
プリンス538.jpg

80年代、MTV(音楽プロモーションビデオを紹介する番組)が大流行。当時、神的存在だったマイケルジャクソンに対して「イケてる人はこっちだぜ」といった風にプリンスはいたと思う。

危ない雰囲気を漂わせ(マイケルが『BAD]』で演出したアウトローな雰囲気などメッキにしか見えないくらい)
鼻に付くほど色気を漂わせ、当時世界中のアイドルだったシーラ・Eを見事に自分色に染め替え、その後のミュージックシーンに新しい流れを作り出したことに間違いはないでしょう。

もう30年以上も前にプリンスは日本公演を行った。私は大阪城ホールでのコンサートに行きました。
人気絶頂の時でしたので会場は始まる前から熱気に満ち、ステージに皆釘づけとなった。
そのツアーにはまだ10代の女性ドラマーが起用され話題となっており、コンサートの半ばで彼女のドラムソロが10分近くも演奏された。それはそれはエネルギッシュなビートの泉のようだった。ドラムソロが終わり会場からどっと拍手が湧いた。
数十秒後、再びドラムソロが始まった。私たちはドラムソロとしてのアンコールに応えてくれたのかと思い大喜びだったのだが、後日、雑誌の記事を見て驚いた。(当時インターネットなどありませんでしたから、雑誌は我々の重要な情報源だったのです)
一度目のドラムソロの時、プリンスは彼女の演奏に満足がいかず、すぐさま「One more」もう一度と命じ、二度目のドラムソロを客席の最前列に腰を掛けてチェックしていたというのです。
派手なパフォーマーとして知られたプリンスですが、そのプロ意識には改めて驚かされます。その時プリンスはまだ20代だったのですから。

最近のプリンスはどうしていたのか活動などしていたのかどうかなど、さっぱりご無沙汰だったところに今朝の一報です。プリンスと聞くとどうしても30年も昔にタイムスリップしてしまうのでした。
『1999』のCDがどこかにまだあるはずなので、今日はそれを聴くことにしよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。