So-net無料ブログ作成
検索選択

やさしさの裏側 [おたまじゃくし]

良くない
47.jpg

子 「ママ、風邪全然治らないね」
子 「誰かにうつすと治るんだって。僕にうつしたら?」
母 「優しいね」
子 「だってママは風邪が治るし、僕は学校が休めるし いいと思わん?」

忘己利他(己を忘れて、他を利する)は菩薩の心であります。それは親切や思いやりなど、人として大切なことでありますが、そこに自分の欲の心が混じると、逆にとてもいやらしいものになってしまいます。
親鸞聖人のご和讃に「修善も雑毒なるゆえに、虚仮の行とぞなづけたる」との厳しい言葉があるように、どんなに立派な善い行いにも、打算や駆け引きの心が混じってしまうのが、私たちの姿ではないでしょうか。
(正太寺寺報『ようこそようこそ 52号』より)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。