So-net無料ブログ作成
検索選択

辛苦とともに [されど習わし]

先日、名古屋東別院にて『僧侶のためのグリーフケア連続講座IN名古屋』という研修会に参加してきました。
文字通り全五回に亘るもので、僧侶として悲しみの中にある方と、いかに向き合い、いかに寄り添うことができるのか、といったことを学んでゆこうと思います。
グリーフケア連続講座01.jpg

こちらが講師の「てるみん」こと尾角光美(おかくてるみ)さんです。

簡単にてるみんのご紹介
1983年大阪生まれ。2003年、19歳で母を自殺で亡くす。翌年から、あしなが育英会で病気、災害、テロ等による遺児たちのグリーフケアに携わる。2006年より、自殺予防や遺族のケアに関して、全国の自治体、学校、寺院などで、講演や研修をおこなっている。   (著書『なくしたものとつながる生き方』より)

グリーフケア連続講座02.jpg
これは参加者が四つの班に分かれ、子を亡くした親に対して、親を亡くした子に対してなど仮定の状況下でケアすべきと考えられる事柄を話し合い、それぞれ発表していることろです。

ケアには傾聴など心のケアだけではなく、社会的フォローや就学、就業支援なども含まれます。お寺の使命として葬儀を篤く厳かに勤めるのは勿論、そこに留まらず、様々な人々と連携しながら、人格全体をサポートしてゆく歩みを始めなくてはいけないと感じております。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。