So-net無料ブログ作成
検索選択

散華(さんげ) [されど習わし]

本日、本山の「秋法会」に行って参りました。
楽人が雅楽を演奏し、勤行の始めには「散華」がなされる荘厳な法要です。
その「散華」について
散華.jpg

内陣に上がった僧侶が手に「華籠(けろう)」という皿状のものを持ち立ち上がります。
中には紙で作った花びら(ハスの花びらの形をしています)が入っています。
華籠.jpg
厳密には三本の飾り紐は朱色一色が正式。悪しからず

『四奉請(しぶじょう)』という偈文(節のついた漢詩のようなもの)を唱えます。

(奉請十方如来 入道場 散華楽・・・)
(請い奉る 十方の如来よ 道場に入りたまえ 花びらを散じます)
この文言が釈迦如来よ、弥陀如来よ、観音菩薩、勢至菩薩よ、諸大菩薩よとそれぞれに呼びかけられます。
つまり諸々の仏さま方を招き寄せるために、内陣を花びらで荘厳(飾りつけ、清める)する儀式というわけです。
本山の諸行事の中でもこの「散華」が行われることは余りありません。
ましてや各末寺では尚更、正太寺にはこの「華籠」さえありません。
「御遠忌」の時くらいは行いたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。